医療保険マニア

保険業界勤務の医療保険マニアが本音を呟きます。

新型コロナウイルスに感染すると医療保険には加入できないというのは本当か否か

f:id:hoken-xyz:20200407132913j:plain
「コロナに罹ったら保険入れなくなるの?」

「コロナに罹ると保険に入れなくなるので今のうちに加入しましょう!」

よく聞く質問と営業トークです。

実際、コロナに感染すると医療保険に加入できなくなるのか。

入れる可能性が高いパターンとそうでないパターンに分かれます。ということで、パターン別に簡単にまとめてみました。

感染しているが、病院に行っていないケース

 新型コロナウイルスに感染しているが本人に自覚症状がなく、コロナ罹患者という診断も受けていないケースです。

現状多くの方がこのパターンに該当するのではないかなと思います。無症状者、軽い風邪や熱は出たものの病院に行くまでもなく完治したケースですね。

罹患者の大半が無症状又は軽症というのがコロナの特徴の一つと言われています。

病院で診察を受けなければ感染しているかどうかなんて分かりません。

告知書に記載する事実がありません。

この場合、コロナに感染していた場合でも加入できることが多いです。

給付金が出る出ないは別の話。「加入前に罹っていた病気は、本人がその事実を知っているいないに関わらず保障対象外」としている保険会社もあります。診察予定、検査予定、検査結果待ちの方は結果が出てから申し込みをしてください。

感染の疑いがあり検査を受けたが異常なしという診断を受けたケース

異常なしなら問題なし!というわけではありません。

健康体向けの医療保険の場合、「最近〇か月以内に、医師の診察・検査・治療を受けたことがありますか」という質問があるケースがほとんどです。仮に、「新型コロナウイルスの疑いでPCR検査を受けたが異常なし」と告知をした場合、審査に通らない可能性もあります。

異常なしなのに加入できないのはおかしい!という気持ちは良く分かります。ただ、保険会社はリスクを極端に恐れます。

「何故、PCR検査を受けたのか」「周囲で感染者が出たのではないか」「感染者が多い海外からの帰国者ではないか」「偽陰性の可能性はないか」

上記のように保険会社は深堀りして考えます。

その結果、異常なしでも「引き受け不可」という審査結果になる可能性が出てきます。

告知書に該当がないため告知をする必要がない。という場合は例外です。また、今回の騒動が落ち着き保険会社にデータが蓄積された後は審査結果も変わってくるでしょう。

コロナ感染という診断を受けて治療中・経過観察中のケース

 入院中、入院・手術の勧めがある状態は100%加入NGです。また、新型コロナウイルスの診断を受けて治療中・経過観察中」と告知をした場合もほぼ100%引き受け不可となるでしょう。上記でも書きましたが、保険会社にデータが蓄積されていった後ならば治療中・経過観察中でも加入できる可能性はありますが現状は厳しいです。

感染後、完治という診断を受けたケース

 現状、このケースでも引き受け不可となる可能性が高いです。完治したならば問題ないだろう!と思いがちですが、保険会社は保守的です。とにかく保守的です。新型コロナウイルスに関するデータが不足している段階では厳しい審査をせざるえません。契約者の公平性が保てなくなってしまいます。仮に加入できた場合でも、特別条件(部位不担保)が付いての引き受けとなる可能性が高いでしょう。

特別条件(部位不担保)って何?という話ですが、、、

仮に白内障で治療中の方が、健康体向け医療保険を加入した場合、十中八九「目」に関して特別条件が付きます。

ここでいう特別条件とは、「目」に関しては一定期間保障を出ませんよ。という条件です。一定期間というのは保険会社によって異なります。1年で済むケースもあれば、一生涯保障されないケースもあります。

新型コロナウイルスで特別条件が付く場合、「肺臓、胸膜、気管および気管支」あたりに特別条件が付くのではないかと思います。あくまで推測ですが。肺炎を告知した場合、大体上記個所に特別条件が付きます。

まとめ

 記載した情報はあくまで2020/4時点での私の見解です。これから、保険会社にデータが蓄積されていけば、明確な審査基準が出てくるはずです。現新型コロナウイルスに関する情報を告知した場合は、審査結果は厳しくなる可能性が極めて高いです。保険会社にデータがないため厳しい審査を出さざるえません。

焦って医療保険に加入する必要はありません。しかし、前々から医療保険に入ろうと考えていた方、特に高齢の方には早めの加入をおすすめします。

最後に絶対にやってはいけないこと。

「コロナ陽性だけど隠して申し込んでしまえ」といった嘘をついての申し込み。

告知義務違反だけは本当にやめて下さい。

嘘をついて無理矢理加入。

これだけは誰も得をしません。

コロナに関わらず、嘘をついて申し込みされる方いっぱいいらっしゃいます、、、。

嘘をついて申し込みをしてしまったばかりに、数年後保障を受け取れなかったとなっては勿体ないです。払ったお金も返ってきません。保険会社にも「嘘をついて申し込みした顧客」という情報が残ります。何も良いことはありません。

実際、告知書に記入する必要があるかどうか迷った場合は、該当保険会社のコールセンターに連絡を入れれば分かりやすく教えてくれます。

告知は慎重に。