医療保険マニア

保険業界勤務の医療保険マニアが本音を呟きます。

がん診断給付金は「上皮内癌」「上皮内新生物」での保障額に要注意!

f:id:hoken-xyz:20200409003315j:plain

がん保険医療保険の特約として付加されている「がん診断給付金」。「がん診断一時金」とも呼ばれたりしますね。このがん一時金には注意が必要です。医療保険がん保険検討中の方は頭の片隅にでも置いておいたほうが良いでしょう、

「がんの診断を受けた時点で、〇〇万円支給!」といった感じの保障です。非常にシンプル。分かりやすい保障ですね。

保険によっては「診断」ではなく「治療」「通院」「入院」等を給付金を受け取る条件としている会社もあります。

 

がんの時に受け取れる給付金額が多いほうが良いんでしょ。注意するも何もないでしょと思うかもしれませんが、がん一時金は各保険会社で保障内容が大きく異なるため注意する必要があります。

単純に一時金額が50万か100万か200万といった額の問題ではありません。

上皮内新生物で悪性新生物の何%保障されるか。

これが非常に重要です。本当に大切。

まず、悪性新生物と上皮内新生物の違いをざっくりと説明します。

悪性新生物は、皆様がイメージするガンのこと。よく聞く「大腸がん」「胃がん」などですね。上皮内新生物は、ガンの初期の初期の状態。「子宮頸部の高度異形成大腸の粘膜内がん」等があたります。ステージ0のガンと言われています。

※あくまでざっくりとした説明です。詳細が気になる方はググるともっと詳しい情報が出てきます。

 

A社「がんの診断金100万円。上皮内新生物は10%」

B社「悪性新生物100万円。軽微ながんは50万円」

C社「がん一時金100万円。上皮内新生物も同額保障」

 

各保険会社ごとに文章は異なりますが、初期の初期のがんでも大きな保障が受け取れるのかというのがポイントです。

この中であればC社が一番保障が手厚いですね。A社では10万円しかもらえないケースでもC社では100万円受け取れてしまいます。全然違いますね。

がんの診断技術も上がってきているため、初期状態で見つかるケースも増えてきています。初期で見つかっても手厚く保障を受け取れたほうが良いですよね。

保険会社によっては上皮内新生物は保障対象外としているケースもあります。

上皮内新生物の保障が少ない=他の保障が手厚かったり料金が安く設定されているということもあるため、「上皮内新生物の保障が手薄い=悪い保険」というわけではありません。

上皮内新生物の場合、悪性新生物と比較すると治療費は格段に安く済むケースが多いです。必要な時に必要なだけ保障が受け取れる保険と考えれば納得できます。

ただ、私がガン保険に加入するのであれば、または医療保険にがん診断金を付けるのであれば、確実に上皮内新生物にも手厚い保険に入ります。

 

高齢化が進むにつれてガンが見つかる方も増えてきています。加えて、がんの診断技術が今後も上がり続けるようであれば、がんの診断を受ける方が増えることも容易に想像できます。

あくまで私の見解ですが、今後は悪性新生物の場合でも一時金を受け取れる条件は厳しくなってくるのではないかなと思います。

今までは、がんの診断を受ければ〇〇万円!だったものが、がんで治療を受けたら○○万円!、がんで入院が〇〇日以上続いたら○○円!といった感じに厳しくなってくるのではないかなと感じています。

実際保険会社によっては、悪性新生物の給付金受け取り条件が改定された保険も出てきています。

給付金を払いすぎてしまい保険会社が運営できなくなってしまったら元も子もありません。今後は、保険会社の悪性新生物での給付金受け取り条件にも気に掛ける必要がありますね。

先のことを考えすぎても意味がないので、現状は上皮内新生物での保障額には注意してくださいね。ということでまとめたいと思います。

このブログでは、医療保険に入る前に知っておくと役立つ情報などを更新しています。是非他の記事も参考にしていただけると幸いです!