医療保険マニア

保険業界勤務の医療保険マニアが本音を呟きます。

保険申込書の代筆は厳禁!代筆がバレると「謝絶」「契約無効」になるケースも

f:id:hoken-xyz:20200411205149j:plain

特別な事情がある場合を除いて、保険契約申込書の代筆は原則NGです。

ここでいう特別な事情というのは、「被保険者が一定年齢以下」「手に障害がある」等、やむをえない状態のときです。

上記のような特別な事情があり、保険会社が許可した場合に限り代筆が認められるケースが出てきます。ただ基本NGです。

代筆が発生するケース(NG例)

実際に見聞きした代筆のNG例をざっくりとまとめました。

①主人が保険嫌い。申込書を書いてくれないので妻が申込書記入

男性は保険嫌いの方多いんですよね。奥さんとしては何とか保険に加入させたいという強い思いから代わりに書いてしまうケース。これは非常に多い。気持ちは分かりますが絶対にやめましょう。

②契約者・被保険者が別のケースで被保険者が出張中。契約者が全て記入

契約者なら良いんじゃない?と思われますがNGです。大抵の保険は告知が必要。告知は被保険者が行う必要があります。面倒くさいから契約者が全て記入してしまおうといった感じでの代筆が目立ちます。

また、契約者が書くべき項目を間違えて被保険者が記入してしまったというケースもああります。申込書を書く際は記入例に目を通したほうが良いでしょう。

③申込書提出後、記入漏れが発覚。担当者が代筆

これは保険募集人側の問題。「申込書の〇漏れが一か所だけ見つかった。〇だけ付けてしまおう」と考える募集人もいます。悪意がなく融通を聞かせただけであってもダメなものはダメです。印鑑漏れも同様。

※記入漏れの箇所によっては、代理店や保険会社で代筆が可能なケースもあります。

まとめ

故意に代筆したことがバレると申し込み自体が無効になることがあります。多少面倒でも本人が書くべきところは本人が記入しましょう。

申し込み段階で代筆したことが発覚すると、申し込みが謝絶になると認識しておいた方がいいですね。

実際にあった例としては、「代筆した書類が保険会社に到着→申込に際しての審査→筆跡相違→謝絶」といった感じです。

バレないようにやればいいんでしょと思わないで下さい。

現在の保険業法は非常に厳しいため、申込書類はしっかり確認されます。場合によっては、電話や書面での確認が入るケースもあります。

どうしても代筆せざるえない状況が発生した場合には、保険会社に一度連絡をしてみて下さい。もちろんNGといった定型的な返答がくることもありますが内容によっては特別対応をしてくれる場合もあります。

正直な所、心情的に代筆を容認したくなるケースはあります。

高齢者で申込書を何度書いても上手く書けない。やっと書き上げることができたと思ったら訂正が必要。また一から書き直さないといけない。そんな時に助けを求められたら受け入れてしまう募集人もいるかもしれません。少しくらいの代筆なら容認してしまう人もいるかもしれません。

ただ、コンプライアンス的には完全にNGです。

私は何があっても絶対に容認しません。

代筆がバレたときに最も被害を被るのはお客様です。万が一の時に備えて保険に加入したものの、万が一の際に代筆や告知漏れが発覚して保障を受け取れないとなったらどうすることもできません。責任も取れません。

この記事に辿りついた方は「代筆」に関して気にされている方がほとんどだと思います。保険に申し込むのであれば気持ちよく申し込みましょう!