医療保険マニア

保険業界勤務の医療保険マニアが本音を呟きます。

【ネット保険】オンライン・通信販売で保険を申し込む際の注意点

f:id:hoken-xyz:20200417164835j:plain

今回は、通信販売で保険を加入する際の注意点をまとめました。

保険の通信販売も最近は多様化してきています。

・新聞、雑誌等で資料請求

・インターネットで資料請求

・電話で申し込み

・インターネットのみで申し込み

・WEB面談(ビデオ通話)を用いた疑似対面で申し込み

等々。

今まではWEBのオンライン面談で保険申し込みなんて全く流行っていませんでした。

ここ最近急激に伸びてきた分野です。

また、新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化してきてからオンライン申し込みが急増しています。

f:id:hoken-xyz:20200417144758p:plain

引用元:IRニュース | 株式会社アドバンスクリエイト

大手保険代理店アドバンスクリエイトのデータです。

3月頃から伸び率が半端じゃないですね。

前年同月比300%って、、、。

各社、コロナウイルスの感染リスクがある対面販売から、感染リスクがない通信販売にシフトしてきています。

それに加えて、単純に医療保険の需要が増加したためオンライン生保での申込件数が急増しました。

コロナの影響抜きにしても、通信販売の方が楽でいいよねという声は多いんですよね。私自身もネットで申し込みできる保険商品であればネットで申し込みしてしまうタイプです。

煩わしさもありません。

申し込みに際しての時間も非常に短くなります。

ただ、オンライン・通信販売で保険を申し込む際は注意しなければいけないポイントもあるため紹介します。

知識量が少ないと困る

ネット申し込みだけに限った話ではありませんが、ある程度の知識は必要です。特に保険募集人を一切通さずに申し込みをする場合は全て自身で確認して申し込みしなくてはいけません。

・自身に必要な保障額の確認

・他社との比較

保険の見直しの際は保障開始時期の調整

等々。

実際、ある程度の知識があれば何とかなることが多いですが、面倒に思うのであれば保険募集人を通したほうが良いでしょう。

特に保険の切り替えの際は、完全ネット申し込みはやめた方がいいでしょう。保険募集人を通した申し込みであれば、保障の空白期間を空けない方法や保険料を重複させないベストな方法を教えてくれるかもしれません。

申し込みできない商品がある

これが最大のデメリットでしょう。

知識量の少なさは勉強すれば補えますが、申し込みできないものはどうすることもできません。

オンライン申し込み・通信販売での申し込みができない商品の具体例は下記の通り。

非喫煙体割引を付加した商品

・学資保険

高額な死亡保険

上記はあくまで一例です。

また、上記保険商品の中にも通信販売に対応した商品はいくつもあります。

ただ、選択肢が狭まるというのは痛いですよね。

通信販売の内容にもよりますが、入りたい商品に入れないというのはストレス。

非喫煙体割引がある商品は専用の検査キットを用いて、本当に喫煙していないかを確認する必要があるため通販不可としている場合が多いです。

学資保険はネットで入れるケースも多いですが、一度契約すると中々解約できない(解約するとほぼ100%元本割れするため)ため慎重に。

死亡保険に関しては、数百万から2.3千万円までであれば通販可能としているところが多い印象。数百万円の死亡保障であればネット申し込み専用のコスパが良い死亡保障もあるのでおすすめです。

そのあたりは保険会社ごとに細かく規定されています。

 「商品名 通信販売」でググると通販で申し込み可能かは簡単に分かります。

※出てこなかったらすみません、、、。

申し込む商品が決まっている場合は確認してみると良いでしょう。

対面販売、通信販売それぞれメリットデメリットが混在しています。

それぞれのメリットとデメリットを把握したうえで、どの媒体で申し込みをするのか検討することをおすすめします!