医療保険マニア

保険業界勤務の医療保険マニアが本音を呟きます。

医療保険は「60日型」「120日型」どちらを選択するべきか!180日ルールを要チェック

f:id:hoken-xyz:20200503231203j:plain

一度の入院で最大60日まで保障ができる「60日型」同じく120日まで保障ができる「120日型」

医療保険に加入する際、「60日型」「120日型」どちらにするか悩まれるかもしれません。また、保険会社によっては「30日型」といった短期入院をメインに保障する型を用意しているケースもあります。

1回の入院で60日まで保障されれば十分じゃない?と思われる方は多いです。

実際、短期入院が主流の今の時代で2ヶ月も続けて入院することは珍しいですからね。

現在、医療保険の主流も60日型です。

しかし、どの型を選択するか考える前に医療保険の「180日ルール」を理解しておくべき必要があります。

 180日ルールとは

180日ルールとは、同一の傷病で180日以内に入院をした場合に一回の入院とみなされるというルールです。

仮に、脳梗塞で30日間入院後、180日以内に脳梗塞で50日間入院したとしましょう。

その場合、2回目の入院で使えるのは30日分までといった感じです。

※「原因疾患が同じ病気での入院を一入院とみなす」「病気は全て一入院とみなす」「病気・自己全て一入院とみなす」という細かな違いは保険会社・商品によって異なります。

連続した入院ではないが繰り返し入院することによって、入院限度日数を越えてしまったということは十分考えられます。

どちらの型が良いか

当然ですが、保障できる日数が多い120日型の方が保険料が高くなります。

少しでも保険料を押さえたいのであれば60日型が良いでしょう。30日型がある医療保険であれば30日型も選択肢に入れる必要があります。

逆に、長期入院が心配な方には120日型がおすすめ。三大疾病や精神疾患系の病気は入院が長引く傾向にあります。

自身の家系に長期入院のリスクが高い傷病を持つ方が多い人ほど120日型を選びます。

やはり、実際に多額の医療費がかかるのは入院が長引いた時ですからね。大きなリスクに対して万全の備えをしておきたいという方は120日型が良いでしょう。

とはいったものの、私は60日型で加入しています。

自分自身が一入院の限度日数を超えることが想像できなかったことが理由です。

正直どちらを選択するかは自分の好みで決めてしまって問題ありません。

※保障できる日数が極端に短い30日型はあまりおすすめできません。

180日ルールのことまで説明してくれる保険募集人は多くないはずです。

そもそも、180日ルールを理解していない保険募集人がいるのも事実・・・。

医療保険は、180日ルールを理解したうえで自身にどちらの型がフィットするかを考え契約しましょう!